月々1,000円で
不動産オーナーの
気分を!

大きな資金を必要とする不動産投資に比べて、はるかに少ない金額でいくつもの物件に投資をすることができる金融商品が「不動産投資信託(REIT:Real Estate Investment Trust)です。国内だけでなく海外の不動産へも間接的に投資をすることができます。その魅力と仕組みをみてみましょう。

オーナー気分を味わえる?

投資といわれると、株式投資と並んで不動産投資を思い浮かべる人がいるかもしれません。 不動産投資とは、マンションやリゾート施設などを購入(あるいは建築)して、それらを貸し出すことで賃料を得たり、場合によっては売却することで利益を得たりする投資のことです。物件を購入するには多額の資金が必要なのに加え、空室リスクなどもある投資ですが、上手に運用できれば安定的な収益を得られることが魅力のひとつです。

ワンルームマンションの一室ならなんとか手が届くという人もいるかもしれませんが、個人でオフィスビル一棟へ投資するのは、よほどの資産家でなければ難しいでしょう。もし少額で都心の一等地のオフィスビルや大型リゾート施設へ投資できるとしたらワクワクしませんか?

不動産投資信託を使ってオフィスビルへ投資!

私たちから少額の資金を集め、運用のプロが私たちに代わってオフィスビルや商業施設などの不動産へ投資する仕組みが不動産投資信託です。不動産投資信託は英語でReal Estate Investment Trustといい、略称REIT(リート)と呼ばれています。なかでも日本国内の不動産に投資するREITはJ-REIT(Jリート)と呼ばれています。Jリートは東京証券取引所に上場しており、1口あたり数十万円で証券会社を通じて購入することができます。

リートの仕組み
リートの仕組み

リートファンドなら少額で世界の不動産へ投資ができます!

不動産投資信託の中には複数のリートを投資対象とするリートファンドがあり、銀行でも購入することができます。投資信託であれば、リートへの投資を運用のプロに任せることができ、金融機関によっては、月々1,000円くらいの少額からつみたて投資もできます。また国内だけでなく海外のリートへ投資するリートファンドもあるので、少額からグローバルな不動産投資を体験することができます。

自分でリートの銘柄選びはできないと感じる人にはリートファンドが向いているかもしれません。ただし、あくまで投資商品ですので、リスクがあることには留意してください。
リートファンドへ投資をすると、旅行ついでに投資先の物件を眺めに行くのも楽しみのひとつになるかもしれません。

リートファンドの仕組みと特徴
リートファンドの仕組みと特徴

ピックアップファンド

記事に関連したファンドを見てみよう!

基準日:

  • 基本情報
  • 運用実績
  • 分配金
  • 手数料
  • モーニングスターレーティング3つ星以上で、国内REIT型・海外REIT型のファンドをモーニングスターレーティングが高い順に表示しています。
  • ファンド設定から3年以上を経過し、かつ、純資産総額10億円未満のファンドは表示していません。
  • 検索結果上位最大30ファンドを表示しています。
  • 三菱UFJ銀行が販売しているファンドを表示しています(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の金融商品仲介口座専用ファンドを含め三菱UFJ銀行で販売していないファンドは表示していません。)。
  • 販売停止ファンドは表示していません。
特集記事一覧

(2020年9月30日現在)