投資の神様が
実践している方法とは?

資産運用を進めていくうえで、資産運用の成功者たちがどんな投資を行っているのか気になる方も多いのではないでしょうか? そこで「投資の神様」とも呼ばれている、ウォーレン・バフェット氏(以下バフェット氏)の投資哲学を確認してみましょう。彼の哲学は株式投資から投資信託を使った資産運用まで幅広く応用できる投資の鉄則です。

投資の神様バフェット氏が実践していること

バフェット氏は、11歳で株式投資を始め、89歳の今(2019年9月1日時点)でも投資を続けているアメリカの著名投資家の一人です。長期間にわたり高い運用実績を残していることから、「投資の神様」とも呼ばれています。バフェット氏の運用実績は、1964~2018年の54年で約10,900倍のリターン(*1)という桁違いの結果。1万円を投資したら54年後に約1億900万円になったということです。一体どんな投資手法を使えばこれだけの成績を残すことができるのでしょうか?

バフェット氏は決して難しい運用をしているわけではありません。彼が実践していることはとてもシンプルです。それは、

・「長期で保有すること」
・「良い株を安く買うこと」

ということです。これを実践できたらバフェット氏のように投資で大成功できるかもしれません。

(*1)バークシャ・ハサウェイ社 「2018年アニュアルレポート」より

バフェット氏の運用実績
バフェット氏の運用実績

投資の神様はじっくり
長期投資をする

みなさんは投資をするときに、どれくらいの投資期間を考えていますか? 1年ですか? 5年ですか? 10年ですか? 人によっては1週間という方もいるかもしれません。ところがバフェット氏は1週間でも10年でもなく、無期限です。つまり、株を売ることを前提で投資はしないということです。

長期投資をする理由について、バフェット氏はこのように言っています。「経営者が有能かつ誠実で、さらにマーケットがその企業を過大評価しないかぎり、無期限で持ち続けることは正しいことなのです。(*2)」と。「それならいつ売れば良いの?」と思う方もいらっしゃると思いますが、資金が必要になったときには売却しても良いのです。バフェット氏が言っているのは、可能な限り利益を最大化していくためには持ち続けることが大切だということです。

(*2)ローレンス・A・カニンガム著『バフェットからの手紙 第4版』より

投資の神様は
良い株を安く買う

バフェット氏の投資手法は「バリュー投資」というもので、会社の資産や将来性などを踏まえ、その会社の株が割安と判断したときに投資を行います。分かりやすく説明すると、「本来100円の価値のある株式を50円になったときに買う」という手法です。

バフェット氏がバリュー投資にこだわる理由は簡単で“負けにくいから”です。バフェット氏はバリュー投資について、次のように言っています。「私たちが選ぶ企業の条件は、①その内容を私たちが理解し、②将来にわたり長期的に好ましい業績が見込め、③経営幹部は誠実で有能な人々であり、④魅力的な価格で購入できることです(前掲書)」。当たり前のことを言っているだけなのですが、実際に企業の価値を調べて株式投資を実践するのは、そう容易なことではないでしょう。

でも諦める必要はありません。こんなときに役立つのが投資信託です。投資信託には「バリュー型」といってバリュー投資を行うものが数多くあります。自分で企業を調べるのが難しいと思う方は、まずは投資信託を使って「バリュー投資」を行ってみてはいかがでしょうか? そして、「これだ!」と思ったバリュー型の投資信託を長期で保有することで、バフェット流投資術を真似ることができるかもしれません。

バリュー投資のイメージ図
バリュー投資のイメージ図

ピックアップファンド

記事に関連したファンドを見てみよう!

基準日:

  • 基本情報
  • 運用実績
  • 分配金
  • 手数料
  • 国内大型・中型・小型バリューファンドを純資産総額が大きい順に表示しています。
  • ファンド設定から3年以上を経過し、かつ、純資産総額10億円未満のファンドは表示していません。
  • 検索結果上位最大30ファンドを表示しています。
  • 三菱UFJ銀行が販売しているファンドを表示しています(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の金融商品仲介口座専用ファンドを含め三菱UFJ銀行で販売していないファンドは表示していません。)。
  • 販売停止ファンドは表示していません。
特集記事一覧

(2020年9月30日現在)